『Cocoon』での『AMP』のやり方を解説/Googleアドセンスが最適化案でAMPを勧めてくる件【小ネタ】

ブログ運営
スポンサーリンク

 

るるしゅう
るるしゅう

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • AMPに対応したい
    (『Cocoon』限定!)
  • 『Cocoon』でのAMPのやり方と
     間違ったやり方も説明

Googleアドセンスが『AMP』を勧めてくるんです・・・

ある時、Google Adsenseの管理画面を見ると
『最適化の提案』→『AMPプラグイン』
という案内がありました。

要するに『AMP』を導入して、そこに自動広告を設定しなさいって感じで勧めています。

AMPとは

AMP=Accelerated Mobile Pagesの略で、
Googleが推奨しているモバイルでのページ表示を高速化する方法です。

Googleのサポートのページでも次のように説明されています。

モバイルサイトのほとんどの訪問者は、ページの読み込みに 3 秒以上かかると離脱してしまいます。それでも、ほとんどのモバイルサイトは読み込みに平均 19 秒もかかっているのが現状です。そうした状況から抜け出し、他社より優位に立つためには、AMP を使用してランディング ページの利便性を最適化します。

Google広告ヘルプ

 

AMPは色んな議論があって、AMPを使用しない選択をする人もいるようです。
(要はページの読み込み速度が早ければよい。)

でも、Googleが勧めてくるんだから、今後のことを含めて『AMP』が良さそうっていう雰囲気はあります。

るるしゅう
るるしゅう

気になるよね~

悩むんだけど、

とりあえずやっておこうか!

今回は、WordPressのテーマ『Cocoon』でのAMP化のやり方と、
るるしゅうが間違えてやってしまったやり方も説明していきます。

『Cocoon』で『AMP』にする方法は簡単だった!

ありがたいことに『Cocoon』ではチェックを入れるだけで『AMP』にすることができます。

Cocoonのサイトでも次のような記事で解説しています。

次から手順を説明します。

手順

WordPress管理画面
→①『Cocoon設定』
→②『AMP』
→③『AMP機能を有効化する』にチェック。
 基本これだけです。

→④はAMP用のロゴの準備
(⑤の説明通り、
 幅600px高さ60px以下を準備)

簡単ですよね。本当にこれだけで、
ほかになにもする必要なしです。

AMP化するためのプラグインの導入なども必要なしです。

注意

・TOPページはAMP化されません。

*下記のページはAMP化しない方が
 いい場合もあります。

・『お問い合わせ』
 →Contact Form 7などを使用していれば
  プラグインがエラーを起こします。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは、
 AMP非対応なので表示されなくなります。

*AMP化したくないページがある場合は、
 各ページの編集画面にある
 『AMPをページを作成しない』に
 チェックを入ればOKです。

 

ちなみに、これから先は、るるしゅうが間違えてやってしまったやり方を説明します。

参考になれば幸いです。( 何の?(*ノωノ) )

全部をGoogleアドセンス側の言う通りにしてはダメ。

上記の内容で『Cocoon』での『AMP化』の対応は完了していますが、

Google アドセンス側で『AMPサイトに広告を自動的に表示する』をオンにしないとAMPサイトに自動広告が表示されないので注意です。

手順

Googleアドセンスの管理画面にて
→①『広告』
→②『AMPはオフです』をクリック

手順

下のような画面がでてくるので
③オンにする
④と⑤は何もしない。
→⑥完了して終了

注意

④と⑤について、
なにもしないと言っているのは、
『Cocoon』側でAMP機能を有効化した際に
④と⑤は追加されているからです。

*るるしゅうは、
 以前、間違って対応してしまい、
 サーチコンソールから
 恐怖のメールが来ました。

(例)『ドキュメントに AMP コンポーネントの「script」タグが複数あります。』という警告がくるようになります。

実際に来た内容がこちら。

 

AMPサイトの確認方法

実際にサイトがAMP化されているかの確認は次のとおりです。

Google公式 AMPテストページで確認する。

Google公式 AMPテストページ
https://search.google.com/test/amp

テストページで調べたいURLを記入してテストを開始すると

次のような画面になり

AMPが有効であれば次のように表示されます。

 

自身のWordPressで確認する場合

または、自身のWordPressの確認ページで
『AMPページへ』をクリックすればAMPのサイトを確認できるようになります。

 

URLを変更して確認する場合

確認したいページのURLの末端の「/」を消して「?amp=1」にすると
AMPのページになります

(例)https://ruru-syu.com/adsense/
 →https://ruru-syu.com/adsense?amp=1にする。
 

特に見落としがちなのが、画像や広告など、PCサイトでは表示されていても『AMP』では表示されていないといったことがあります。

なので、PCで『AMP』を開いて確認することはもちろんなのですが、
念のため、スマホでも『AMP』を開いて確認したほうがいいと思います。

 

まとめ

今回は次のことを解説してきました。

  • WordPressのテーマ『Cocoon』で
    『AMP』に対応する方法
  • AMPサイトへの
    Googleアドセンスの自動広告の設定

簡単にまとめると次のような内容でした。

  • 『Cocoon』で『AMP』化する方法は
    『Cocoon設定』→『AMP機能を有効化する』にチェックを入れるだけ
     
  • AMPサイトへの
    Googleアドセンスの自動広告の設定は、
    『Cocoon』側でAMPを有効化した後、
    『Googleアドセンス』側で、『AMPサイトに自動広告を表示する』をオンにする。
    *ただし、HeadとBodyタグにコードを追加してはいけない。
     
  • AMPサイトはアクセスしてみて、
    きちんと画像や広告が表示されているか確認する。

 

本ブログではAMPを有効化してからの、PVの上がり下がりに関して確認していましたが、特に変化はないです。

でも、Googleが勧めてくるんだから、今後のことも含め継続しておこうかと思っています。

今回の記事は『Cocoon』でAMP化をし、『Googleアドセンス』の指示通りコードを貼るっていうことをやってエラーが出たので、ちょっと遠回りしてしまったというお話でもあります。

ぜひ、同じように悩んだ人に参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました