ニンテンドースィッチのジョイコンスティック修理方法

ガジェット/家電
スポンサーリンク

Nintendo Switch(ニンテンドースィッチ)のジョイコン スティックですが、よく壊れる事で有名ですね。

なので、修理キットがたくさん売ってます。

今回は実際に購入して修理しましたので、修理方法を紹介したいと思います。

不具合内容

今回は左のジョイコンのスティックが押されっぱなしの状態で勝手に動くという状態でした。

ニンテンドースィッチの「設定」→「スティックの補正」で確認すると下図のようにポインターが中心にいかない状態でプルプルしてました。

何回補正しても治りません。。。

ということで修理することにしました。

修理キットを購入

任天堂に頼むと2200円掛かるし、修理の間はジョイコンがなくなるので不便ですよね。

購入したのは下記のような修理キットです。
同じようなものがたくさんあるので、レビューを見ながら対応のいいところを選んだ方がいいと思います。

実際に修理を開始

作業内容は動画でもまとめてみましたので、動画が良い方は下記をご覧ください。

修理キットは大体下記のようなセットになっていると思います。


まず、Y字のドライバ―で下記4個所のネジを外します。
Y字のドライバ―は先端が2mmと1.5mmのものがあるのでネジにちゃんとハマるものを使用します。

ヘラを隙間に差し込むとパカッと開きます。
電線が繋がっているので無理に引っ張らないようにしましょう。

電池がテープで貼られているのでヘラを隙間に差し込んで剥がします。
電池にも電線が繋がっているので無理に引っ張らないようにしましょう。

次に電池がついていたカバーを外します。
+ドライバ―で下記3カ所のネジを外します。
*他のネジは基板を固定しているネジなので、外さないように注意。

ネジは①のように種類ごとに分けて置いたほうが分かり易いです。
②のLボタンは作業の邪魔なので外しておきます。

FPC (フレキシブルコネクタ≒オレンジ色の平たい電線)が繋がっているコネクタの黒部分を持ち上げて電線を外し、2個のネジを+ドライバ―で外します。

ようやく、スティックが取れます。

あとは逆の手順で新しいスティックをつけていくだけですので簡単です。
注意点としては、スティックについているFPC は傷つけないようにやさしく取り扱ってくださいね。

まとめ

今回左側のジョイコンで説明を致しましたが、右側も同じような感じで修理できます。

ジョイコン スティックは、ほんとによく壊れますね。新しいのは強化されているのでしょうかね?

我が家はもう3回くらい交換してますね。

工具付の修理キットを購入した方は、スティックだけのセットも売っています。

ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました