レンタルサーバー選びのポイント/契約会社はどこがいいかを解説。

ブログ運営
スポンサーリンク

  

るるしゅう
るるしゅう

今回の記事は次のような人におすすめ。

  • レンタルサーバー選びの
    ポイントを知りたい
  • レンタルサーバーの会社
    どこがおすすめかを知りたい

レンタルサーバー選びは慎重に

WordPressでブログを始める際に、重要視すべきなのがレンタルサーバーだと思います。

訪問者からすると、レンタルサーバーの良し悪しでも、ブログの良し悪しが決まると思います。 

それなりに費用も掛かりますので、慎重に検討したほうがいいですよね。

重要なポイントは速さ・安定性・月額

レンタルサーバーで重要なポイントは、次の3点です。

  • 速さ
  • 安定性
  • 月額レンタル費用

サーバーが遅いと、ブログが表示されるのも遅くなります。

安定性が悪いと、ブログが見れなくなります。

どちらをとってもダメであれば、せっかく見に来てくれた訪問者は離れていってしまいます。

あと月額レンタル費用。ずっと使い続けるサーバーなのでコスパがいいほうがいいですよね。

その他で気になるポイント

その他で気になるポイントは、下記4点です。

  • WordPressの簡単導入機能がある
  • 月のデータ転送量が十分にある
  • 独自ドメインのSSL化が可能
  • 自動バックアップ機能がある

どこのレンタルサーバーでも十分対応できると思いますが、『オプションで別途追加が必要になる』などで、追加をしていないと問題になると思いますので、一応チェックしたほうがいいです。

WordPressの簡単導入機能がある

WordPressでブログを始める人には、ほしい機能です。

もしなかったとしても、ちゃんと調べて説明どおりやればできると思います。

でも、初心者がきちんと理解してやるには大変ですし、そこを勉強する意味はあまりないと思います。

 

月のデータ転送量が十分にある

これは ブログがアクセスされた際に、どれだけのデータを訪問者に見せることができるかを示してます。

例えば4MBの容量をもつブログ記事が
(画像を多用しているブログが)
1日に10,000人に見られたとして
4MB×10,000人=40,000MB=40GBが
一日に必要と考えるとわかると思います。

一か月(30日)で考えると30万人で
1200GB(=1.2TB)必要ですね。

会社やメジャーなブログなら、このくらい必要だと思いますが、実際そこまでいらないと思います。

また、ほとんどのレンタルサーバーが一日50GBというスペックになっているので問題ないと思います。

ただ、あまりにも転送量が低いサーバーだとブログの規模が大きくなってきたときに厳しいので、一応、気にしたほうがいいです。

 

独自ドメインのSSL化が可能

これはWEBサイトのアドレスの先頭が「http://~」ではなく、「https://~」ではじまるサイトにできるかということです。

現在はSSL化されていないサイトは検索エンジンにて「セキュリティ上よろしくない、保護されていないサイトとして」嫌がられる傾向があるため必要と考えます。

 

自動バックアップ機能がある

もし万が一なんらかの理由で、サイトが消えた時、または消してしまったときのダメージは計りしれません。

この機能があればレンタルサーバー側でロールバック(過去の状態に戻す)ことができるので、絶対に必要と考えます。

これは、オプションで追加料金が発生する会社もあるので、きちんと確認しましょう。

 

おすすめレンタルサーバー会社:3社

レンタルサーバーの会社は沢山ありますが、下記3社を選べば問題ないです。

 

サーバーの速さを比較

まず、3社ともストレージにSSDを採用しているのでHDDを用いている他社よりも断然早いです。

他社でも高額プランにすればSSDを選べますが、この3社は低価格プランからSSDであるため、価格面でもこの3社に絞られてきます。

SSDとは?

最近パソコンでもHDDからSSD化が進んでますが、これのことです。

従来パソコンが立ち上がるのに数分かかっていたものが、SSD化によって数秒という段違いの速さで立ち上がるようになりました。世代が違うといってもいい性能です。

HDDは磁気ディスクが動き、磁気ヘッドがデータを読み取るといった物理的な動作をするのに対して、SSDはすべて電気的に行うため処理が格段に早くなります。

あと、サーバーの速さはWEBサーバーのソフトの性能でも比較できるのですが、先ほどの3社は下記になってます。

  • mixhost → LiteSpeed
  • エックスサーバー → Nginx
  • ConoHa WING → Apache + Nginx

聞きなれないかもしれませんが、性能的に
 1番: LiteSpeed、
 2番: Nginx
 3番: Apache
といった感じです。

 

サーバーの安定性を比較

安定性ですが、稼働率でみることができます。

どれだけトラブルがなかったかという指標になります。

先ほどの3社は同じ基準で下記を保証しており、特に問題ないと思います。
・mixhost:稼働率99.99%
・エックスサーバー: 稼働率99.99%
・ConoHa WING: 稼働率99.99%

 

月額レンタル費用を比較

この3社の価格は?ということで一番スタンダードなプランで価格を比較してみました。

 mixhost
スタンダードプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
ConoHa WING
WINGパック
初期
費用
無料3,300円無料
36ヶ月契約968円/月初回990円/月
自動契約更新時990円/月
初回880円/月
契約更新時1,320円/月
24ヶ月契約1,023円/月初回1,045円/月
自動契約更新時1,045円/月
初回935円/月
契約更新時1,320円/月
12ヶ月契約1,078円/月初回1,100円/月
自動契約更新時1,100円/月
初回990円/月
契約更新時1,320円/月
6ヶ月契約1,298円/月初回1,210円/月
自動契約更新時1,100円/月
初回1,100円/月
契約更新時1,320円/月
3ヶ月契約1,518円/月初回1,320円/月
自動契約更新時1,100円/月
初回1,210円/月
契約更新時1,320円/月
備考12ヵ月以上の
契約で
対象ドメインが
永久無料
12ヵ月以上の
契約で
対象ドメインが
永久無料
契約期間に限らず
ドメイン2つが無料

※表示価格は税込で、いずれの会社のホームページでも、ひと月あたりに掛かる価格で表示してますが、契約時は一括支払いなので注意が必要です。

(例)36ヶ月契約で968円/月と記載されていれば、36ヶ月×968円=34,848円(税込)を一括で支払う必要があります。

・mixhost:スタンダードプラン
→月額968円
(但し 初回で36ヶ月契約の場合)

・エックスサーバー: スタンダードプラン
→月額990円
(但し 初期費用3,300円かかるのと、初回で36ヶ月の契約をした場合)

・ConoHa WING:ベーシックプラン
→月額880円
(但し 初回で36ヶ月契約の場合で、次回36ヶ月契約時は1,320円

あと、普通はドメイン取得といったら安いものでも年間1,000~1,500円が掛かるのでドメインが無料になるプランをうまく利用した方が絶対にお得です。

 

結論:mixhostをおすすめ

サーバーの速さや、長期的に使用した場合の価格面などを総合的に判断して、るるしゅうのおすすめは「mixhost」になります。

契約期間もブログは1年では成果を出しずらいことや、コスパを重視すると36ヶ月契約がおすすめです。

合計で3万5千円くらい掛かるので、ちょっと高めに感じるかもですが、下記のように考えてみてはどうかな?と思います。

また、月に数万円を稼ぐと思えばローコスト・ローリスクだと思います。

レンタルサーバー契約費:「mixhost」で
36ヶ月契約の場合=34,848円(税込)

年間11,616円、月額でいうと968円、
一日当たりで いうと 約32円

 

 

「mixhost」 でのサーバーレンタル方法やWordPressのインストール方法については、次のような記事で解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました