WordPressのバックアップは必要?「BackWPup」の使用方法を説明。

ブログ運営
スポンサーリンク

 

トラ
トラ

WordPressのバックアップって必要?

どうやってするのか、やり方がわからない・・・。

WordPressでは、様々なトラブルが起きることがあります。

ハッキング、WordPressやプラグインのアップデート時によるトラブル、サイトのカスタマイズ時の誤った作業によるエラーなどなど、サイト運営ができなくなってしまうような危険が起こったりします。

そんなことになったら、一生懸命作ったサイトが消滅といったことにもなりかねません。

そんなことにならないように、バックアップはとっておきましょう。

レンタルサーバー側でバックアップをとってくれるところもありますが、万が一のことを考えると、レンタルサーバーが震災にあってサイトが消滅ということもなくはありません。

問題が起こってしまって、あれこれ悩むより、事前に対策をしていた方が断然良いですよね。

今回は『WordPressのバックアップ』の方法に関して、画像を踏まえてわかりやすく説明します。

るるしゅう
るるしゅう

この記事を見れば

  • WordPressのバックアップができて『安心』できるようになります。
  • WordPressバックアップ用のプラグイン『BackWPup』の使い方がわかります。

 

BackWPupの導入方法

ここから先は、『WordPressのバックアップ』で有効なプラグイン『BackWPup』の導入方法について説明します。

BackWPupの機能

BackWPupは簡単にいうと次のような機能があります。

  • データベース及びサーバー上にあるブログのファイルを丸ごとバックアップできる。
  • バックアップスケジュール機能で定期的にバックアップできる。
  • バックアップデータをサーバー以外にもダウンロードできる。

 

BackWPupの導入方法

WordPress管理画面より、プラグインの追加の画面に行ってインストールを行うだけです。

手順

→①『プラグイン』
→②『新規追加』
→③右側の検索で『BackWPup』と入力
→④BackWPupが表示されたら
 『今すぐインストール』をクリックします。

インストールが終わったら『有効化』ボタンをクリックします。

 

BackWPupの設定方法

BackWPupを『有効化』したら、WordPress管理画面よりBackWPupの設定を行います。

日本語化されているのでちょっとありがたいですね。

手順

→①『BackWPup』
→②『新規ジョブを追加』
→③『一般』

・一般設定のところで、まずジョブの名前を自分がわかりやすい名前にします。

・「ジョブタスク」のチェックが入っているところはそのままでOKです。

・「バックアップファイルの作成」の「アーカイブ名」もそのままでOKです。

・「アーカイブ形式」は壊れにくい「Tar GZip」を選択。

・「バックアップファイルの保存方法」は「フォルダーへのバックアップ」にチェックを入れます。

*ここでいうフォルダーはサーバー上に設置されます。

・「ログファイル」の部分の設定はそのままとし、『変更を保存』をクリックします。

 

・次は「スケジュール」をクリックします。

・「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択します。

・「スケジューラーの種類」は「基本」を選択します。

・「スケジューラー」はデフォルトが「毎日3時」に設定されているので、「毎日4時」とかに変更し、『変更を保存』をクリックします。

*皆がデフォルトの「毎日3時」に設定しているとサーバーが忙しくなるらしく、レンタルサーバー会社から変更するように指示がくるみたいです。

 

・次は「DBバックアップ」をクリックします。

・「バックアップするテーブル」/「バックアップファイル名」は「そのまま」。

・「バックアップファイルの圧縮」で「GZip」を選択し、『変更を保存』をクリックします。

 

・最後に「フォルダー」をクリックします。

・「バックアップを格納するフォルダー」の部分にデータが保存されます。

・「ファイルを削除」の部分の数字はデータを保存する回数です。

デフォルトの「15」の場合、毎日保存する設定なら、15日分保存されることになります。

 以上で、自動バックアップの設定は完了です。

 

設定の確認と手動バックアップの方法

BackWPupの設定が終わったら、自動バックアップの設定がちゃんとできているかの確認と、手動バックアップをしてみましょう。

手順

→①『ジョブ』
→②『次回の実行』の部分を確認して自分が設定した通りの内容になっていればOK。
 ・・・毎日4時に設定した人は次の日の4時になっていればOK。
→③『今すぐ実行』をクリックすると手動バックアップ開始。
 ※手動バックアップはデータが多い場合は時間がかかるので、余裕があるときにしましょう。

 

定期的にバックアップファイルをローカルに保存することをおすすめ

手動バックアップや、自動バックアップが完了していたら、メニューの『ログ』からバックアップファイルがローカル(自分のパソコン)にもダウンロードできます。

バックアップファイルは、レンタルサーバーに保存されていますが、心配な人は定期的にローカルに保存しておくといいです。

万が一のことを考えると、レンタルサーバーが震災にあってサイトが消滅ということもありえなくはありません。

手順

→①『ログ』
→②『ステータス』の部分を確認して
  『正常終了』となっていたらOK。
→③『ダウンロート』をクリックすると
  ダウンロード開始。

 

セキュリティ対策もやっぱり必要

今回、この『BackWPup』でバックアップができるようになるので、トラブル時の復元ができるようになります。

とは言ってもトラブルってハッキングのような外的要因もあります。

外的要因に対しては、事前のセキュリティ対策が必要です。

ハッキングの方がどちらかというと怖いですよね。

セキュリティ対策に関しては、次のような記事で解説していますので、参考にしてみてください

 

まとめ

今回は、WordPressのバックアップの方法として、プラグイン『BackWPup』の導入を紹介しました。

簡単にまとめると次のような内容でした。

  1. WordPressプラグインでBackWPupをインストールする。
  2. 新規ジョブを追加して自動バックアップの設定をする。
  3. 定期的にローカルにも保存する。
  4. セキュリティ対策もやっぱり大事。
るるしゅう
るるしゅう

これでバックアップが

できるようになったねー

何度も言いますが、問題が起こってあれこれ悩んで対応していくよりも、事前に対策をしていた方が断然良いですよね。

是非参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました